ペットの信託Q&A


ペットの信託についての疑問にお答えします

 




img

委託者・受託者・新しい飼育者・信託監督人を簡単に説明してください

委託者→飼い主様自身のことです。自分に万が一のことがあった場合に備え、『ペットの信託』という形をとりあらかじめ愛犬に飼育金を残す人のことです

受託者→飼い主様が愛犬の為に残したお金を管理する人。信託財産の中から老犬ホームに飼育費を支払う人のことです。

信託監督人→信託財産の飼育費が正しく管理されているか、愛犬が大切にお世話されているかを見守ってくれる人のことです。行政書士が担当し、信託契約書と法律に基づき厳正に監督します。

img


img

『信託』って難しそう。予備知識など全くない私にも作ることがはできますか?

もちろん大丈夫です。
飼育費をいくら残し、誰に託すのか?を飼い主様と行政書士と一緒にまず決めます。そして飼い主様のご希望に沿った信託プランを考えていきますので、ご安心ください。
まずはこちらよりお問い合わせください
当ホームは、「北海道で初めて「ペット信託®」専門家動物法務士を取得した行政書士をはじめとする法律家と契約しています。
飼い主様のお気持ちをしっかりと聞いてくださり、ワンコの幸せを一番に考えてくださる行政書士達です。

img


img

『信託』の契約を結んだ後も可能な限り愛犬と暮らしたいです

もちろん大丈夫です。愛犬を託す時期は飼い主様が亡くなった時だけでなく、長期入院、老人ホームへの入所時、認知症の発症時など飼い主様のご希望に沿った条件を設定することができます。
可能な限り愛犬と一日でも長く一緒の時間を過したい。そのための仕組みが『ペットの信託』です。

img


img

愛犬を最期まで看取ることが出来た場合はどうなりますか?

愛犬を最期まで看取ることができるのは飼い主として一番嬉しいことですよね。『ペットの信託契約』が必要無くなった場合は、信託金は払い戻しとなり、飼い主様の元に戻ってきますのでご安心ください。

img


img

信託財産って何ですか?

『信託財産』は飼い主様が愛犬のために残しておく財産のことです。
基本的には現金、預貯金ですが、生命保険などの金銭的価値のあるものでも可能です。
『信託財産』は相続財産とは区別されて別管理になります。
愛犬に財産を相続させることは現在の法律上残念ながらできませんが、愛犬のための『信託財産』は、相続の際に相続人たちが揉めてしまったとしても、誰かが取り上げたりは出来ないので、愛犬の飼育費に使うことができます。

img


img

信託財産はどれくらい必要ですか?

    【例】小型犬(8kg未満)・8歳の場合
  1. 施設利用料金 1,300,000 (一括)+
    (※1)年齢加算金(10-8)×300,000
  2. 医療費預り金 300,000 (一括)
    ※継続治療を必要とする持病や高度医療による治療をご希望の場合、預り金をあらかじめ増額する場合がございます。
  3. 預託開始時のペット預託訪問交通費 実費
  4. ペットの信託契約書作成費・150,000円~
  5. 信託監督人各所・1回の訪問料 10,000円~
●信託財産として必要な総額は1+2+3+4+5です。
※当ホームに信託開始時にお支払いいただく総額は総額は1+2+3になります。
(※1)年齢加算金・ご予約時に愛犬が9歳以下の場合が対象となります。【 (10-ご予約時年齢)×300,000
※愛犬にかかるであろう医療費の総額の想定については、犬種によっては発症しやすい病気等もありますので、かかりつけの獣医師に相談することをおススメします。
飼い主様のご要望や愛犬の状態によって金額は異なります。行政書士との打ち合わせで決定します。
シニアドッグホームキズナでは『ペットの信託』に対応した事前ご予約プランをご用意しています。
事前予約プラン
img


img

信託財産の名義人は誰ですか?

『信託財産』は飼い主さんのものですが、名義は受託者になります。 しかし、信託の契約に従って信託専門の別口座で管理されるので、受託者が勝手に使ったりはできません。
信託監督人もしっかりと信託金を随時チェックいたしますのでご安心ください。
基本的に受託者は飼い主さんが信頼している人に頼んでいただきますが、信託監督人の権限を広くすることで監督機能を強化することも可能です。
打ち合わせを通じて飼い主様のご希望に沿った内容にいたします。

img


img

信託財産をすぐに用意できないのですが……

すぐに『信託財産』を用意できない場合でも、ペットの信託を組むことは可能です。
積み立て預金・貯金のように月々積み立てていく方法や、飼い主さんの生命保険を活用するなど、『信託財産』の用意した方は様々です、ご自身にピッタリの方法をご相談ください。

img


img

信託財産があまったらどうなるのですか?

愛犬の為に残した『信託財産』。実際に信託が開始された後、愛犬が元気に長生きをし、病気等せずにいたため医療費がかからず『信託財産』が余ることもあります。そういった場合を考え『信託契約』を結ぶ際に、余ったお金の取扱方法も決めておきます。
相続人に渡す、どこか任意の団体への寄付など、飼い主様自身で決めていただけますのでご安心ください。

img


img

受託者は誰になってもらうのが一番いいですか?

飼い主様が一番信頼している方をおススメします。ご家族でも友人でも可能です。
ただし、行政書士さんなどの専門家やボランティア団体さんなどは基本的には受託者に選ぶことはできません。
どうしても適任者が見つからない場合は、信託金を管理する為のみの会社を設立する方法もありますが、別途費用が発生します。

img


img

受託者(信頼できる人)には何をやってもらうのですか?

飼い主様と『信託契約』を結んでいただきます。
1・飼い主様から託された『愛犬の為に残したい財産』を、適切に管理する。
2・飼い主様が亡くなったり、入院されたりして、愛犬のお世話が出来なくなってしまった場合に『信託監督人』に連絡する。
3・老犬ホーム等に、飼い主さんから託されていた財産の中から必要な飼育費を支払う。
以上が主な受託者さんにお願いする内容になります。これはあくまでも一例であり、契約内容によっては受託者さんの負担を軽減することもできますし、託監督人がしっかりとサポートしてくれます。詳しくは行政書士さん等にご相談ください。


img


img

信託監督人は誰にでもお願いできますか?

信託監督人は誰でもなることができるので、基本的には誰にお願いしても大丈夫です。
しかし、信託財産の管理や、託された愛犬の飼育状況のチェックなどをお願い出来る人物でなければなりません。
ペットの信託を適切に運営管理する為に『動物の適正な管理について』や『信託』や『法律』に詳しい行政書士さんなどの第三者にお願いされている方がほとんどです。
まずはこちらよりお問い合わせください
お問合せはこちら


img


img

ペットの信託契約書を作成するにはいくらかかりますか?

行政書士にの面談によるご相談が基本になります。

  • 面談料―初回2時間無料(以降30分おきに3,000円加算)
    2回目以降面談1時間5,000円以降30分おきに3,000円加算
  • ペットの信託契約書作成料―150,000円~(起案、作成、公証役場への打ち合わせ、口座 開設の調整を含む
  • 信託監督人(任意)-10,000円~(1回の訪問)
  • ペットの信託の他に、オーダーメイドによる各種契約・遺言書作成プランもございます。飼い主様のご要望に応じて対応させていただきますので、報酬額に関してはご相談の際にご提示させていただきます。
※別途消費税等がかかります。
※遠隔地の場合には、出張交通費と日当を別途請求させていただきます。(初回面談の場合には、出張交通費のみ。)
※内容に応じて報酬額が変動いたします。面談後にご依頼された以降の面談料は無料です。
※その他ペットの信託契約書に伴う公正証書手数料、実費や不動産登記費用・専門家報酬等は別途頂戴いたします。

お問合せはこちら
img